目元のクマを今すぐカバーできる方法

目元のクマを今すぐカバーできる方法

目元に出るクマはマイナスイメージ

朝起きて、すっぴんの顔を見て特にがっかりするのが、目元にくっきり出るクマを見つけたときでしょう。
スキンケアを頑張っていても、クマがどうしても消えないという悩みを持っている人はかなり多いと思います。
クマができていると、どんなに美しい顔立ちやメイクでも、疲れて老けこんだ印象に見えてしまいますし、不健康なイメージです。

人と会うとき、また接客などの仕事の場合、クマが目立つ目元で人前に立つのは何だか気が引けますね。できれば、クマは見せずに、明るい印象を持ってもらいたいものです。

しかし、いざメイクで目元のクマを隠そうと試みても、ファンデーションなどは目元にうまくなじんでくれません。無理に塗り込むと、ただ厚ぼったくなるばかりで逆効果です。
アイメイクでアイラインやブラウンのアイシャドウをつけると、クマのせいで目の周り全体が黒ずんで見え、まるでタヌキのような顔になってしまう人も多いはずです。

目立たないようにメイクで隠せば隠すほど、目元のクマは悪目立ちして、ますます憂鬱になってしまうのではないでしょうか?

では、なぜクマはできてしまうのか、クマにもいろいろな種類があること等、目元のクマとしっかり向き合ってみたいと思います。

目元のクマのタイプと解消法

目元のクマには、大きく分けてだいたい3種類あると言われています。

まず、血行不良や元の肌の色が青白い人に多く見られる『青グマ』です。
これは生まれつきのものである程度は仕方ないのですが、血行を良くするマッサージやコントロールカラーなどで補正すれば比較的色も薄いので目立ちにくいクマです。

次に最も多くの人が悩んでいるといわれる『茶グマ』。これは、寝不足・疲れなどが顔の血行を悪くして、それが定着してしまっている人のクマを指します。
こちらもある程度は内側から改善することができますが、目元の筋肉の衰えなども影響してくるので、加齢などの理由から避けて通れないものでもあります。

そして、意外と気づかれていないで茶グマや青グマと一緒にされやすい『黒グマ』は、よほど酷い場合は病気のサインなどの可能性もありますが、中にはアイメイクの落とし残しにより、顔料が目元に沈着してしまっているケースも多いようです。
これを解消するのは比較的簡単で、ポイントメイク落としなどを毎日きちんと使って完全に目元の黒ずみの元であるアイメイクを落としきることが最善策です。

これらのクマを、根本から治していくのは時間もかかりますし、限界もあるでしょう。
しかし、どんなクマが目元にあっても、それを隠すことは簡単にできるのです!

クマには、専用のコンシーラーを使用すると良いでしょう。通常のコンシーラーでも、伸びが良く薄づきでカバー力のあるものなら構いません。
ベースメイクの際に、取り入れてみてはいかがでしょうか。

目元のクマ解消におすすめのコンシーラー

では、実際に目元のクマを隠すために皆さんが愛用している代表的なコンシーラーを紹介していきましょう。

『コーセー ヴィセ リシェ パーフェクトコンシーラー』
ドラッグストアやネットで手軽に買えるプチプラコスメ『リシェ(ヴィセ)』のコンシーラーです。濃い目と自然な色味のベージュカラーの2色展開で使いやすいのが魅力です。
感触はクリーミーでとても伸びが良いので、凹凸のある顔のパーツにもしっかり密着します。
目元に使用してもきれいに仕上がりますし、他の部分隠しにも活用できるので、コンシーラーを持っていない方などにはコスパも良くおすすめです。

『オルビス アイゾーンブライトベール』
無添加で有名なブランド・オルビスの目元のクマ専用のコンシーラーです。このコンシーラーの最大のポイントは、リキッドがオレンジ色をしているということです。
目元にオレンジなんて、ちょっと奇抜なイメージかもしれませんが、この色が実は仕掛けで、クマの補色になっているのです。その効果を利用して、クマの色を中和する仕組みです。
こちらはとても薄づきで、重ね塗りも可能です。自然に茶グマをカバーしてくれるおすすめアイテムです。

目元のクマはメイクで隠せます!あきらめずに、カバー力のあるコンシーラーを活用しましょう。

copyright 2014 目元のクマを今すぐカバーできる方法 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。